「カロリー0」は逆に太る!?ダイエットにおすすめの甘味とは

カロリー0の商品が多く発売していて、ダイエットをしている女性からの人気が高まっているようです。

しかし、カロリー0だからといって、砂糖を使っていないわけではないので、逆に太るとも言われています。

今回は、カロリー0の危険性と、ダイエット中に食べたい甘味をご紹介します!

カロリー0って太るの?

カロリー0
出典:weheartit

カロリー0というと、コカ・コーラなどの炭酸飲料やお菓子などに多く見られる表記です。カロリーが多いよりも、ゼロのほうが良いと積極的に選んでいる人も多いかもしれませんが、逆にそれ、太るんです!

カロリー0は人口甘味料を使っている

カロリー0は、砂糖を使っていない代わりに、人口甘味料を使っています。人口甘味料は、砂糖の200倍から700倍の甘味を感じるものなので、少ない量で甘く感じることが出来るのです。

血糖値の上昇が上がりやすい

人口甘味料は、胃に入ってすぐに血糖値を上昇させるため、逆に太りやすくなってしまうのです。インスリンの分泌量も多くなってしまうので、逆に糖尿病になったり、味覚障害になることもあるようです。

思ったよりも危険なものなのです!

ダイエット中に食べるべきはフルーツ!

フルーツ
出典:weheartit

ダイエット中におすすめなのは、フルーツです。

フルーツには天然の糖質成分が入っているので、砂糖や人工甘味料よりもヘルシーです。さらに、フルーツの多くはビタミンも含まれているので、美容効果も高まります♡

痩せたいときは初心に戻る

痩せたいと思っているとどうしても人口甘味料やカロリー0に気がひかれてしまいますが、フルーツなどの天然の甘味のほうが体に良いので、フルーツを積極的に食べましょう!

初心に戻ることが大切です♡

もちろん、食べ過ぎは禁物ですので適量を心がけてくださいね。

週に1回沢山食べて痩せる!?「チートデイ」のやり方

ダイエットをしていて最もツラいのは「ダイエットしているのに痩せなくなった時」、つまり「停滞期」を迎えたときですよね。

食事制限や運動を続けているのに体重が落ちなくなると、つい落ち込んでしまってそのまま心が折れダイエットを挫折……なんてことにもなりかねません。

お腹いっぱい食べてダイエット停滞期を打破

チートデイ
出典:weheartit

そんなダイエット停滞期を打破する方法が、実は「お腹いっぱい食べること」だって知っていましたか?☆ そのメカニズムを知れば納得!

お腹いっぱい食べて痩せるダイエット方法「チートデイ」についてご紹介しましょう◎

チートデイで痩せる仕組み☆

まずは、チートデイで停滞期を脱出できるメカニズムを理解しておきましょう。
そもそも停滞期が訪れる理由は、食事制限を続けたことによって体が餓死の危険を感じ、少量の食べ物からたくさんの栄養を吸収しようとしたり脂肪をため込もうとしたりする「省エネモード」に突入するため。

チートデイ
出典:weheartit

「チートデイ」とは、日本語に訳すと「だます日」という意味です。体が危機感を感じている時に「チートデイ」を設けてお腹いっぱい食べることによって「しっかり栄養補給はされてますよ!」と体をだまし、省エネモードを解除して停滞期を脱出できるというワケです◎


チートデイのやり方♪

チートデイのやり方は、とにかくお腹いっぱい食べること! 食べる量の目安は、「基礎代謝量×3倍」と言われています。(基礎代謝量の計算にはコチラが便利です)

チートデイ
出典:weheartit

例えば基礎代謝量が1,300kcalの人なら、×3で4,900kcalの摂取が必要となります。

20~30代女性で運動量少なめの女性が1日で摂取すべきカロリーは1,750kcal程度ですので3倍近い食事が必要になりますが、間食も上手に取り入れればクリアは難しくありません。

ここぞとばかりに、普段我慢している大好物をお腹いっぱい食べましょう!


チートデイを取り入れてるダイエッターがいっぱい☆

このチートデイを取り入れているダイエッターが、実はチマタにはいっぱいいるんです! ▽▽▽







チートデイは週イチを守るのがミソ!

チートデイを成功させるポイントは、「しっかり食べること」そして「週に1日を守ること」です。

ダラダラと数日食べ続けてしまってはただの暴飲暴食ですし、せっかくのチートデイなのに中途半端な量で終わらせてしまうのも省エネモード解除に至らず失敗に終わってしまいます。
「今日はチートデイ!」と決めたら、その日は基礎代謝量×3倍のカロリーを食べきり、翌日からはまたしっかりダイエットに励みましょう☆

ワイ糖尿病マンの昨日の総摂取Calwwwwwwwwwwww

no title
1: 名無しダイエット 2017/08/14(月) 18:50:15.43 ID:LsHRLtq/0
食べ物
菓子パン4ヶ→1550kcam
牛丼特盛→1000kcal
カップ油そば3杯→2800kcal
カツサンド→350kcal
ポテチ5袋→1750kcal
ハンバーガー2ヶ→500kcal
チキンクリスプ4ヶ→1450kcal
トンカツ2枚→950kcal
米飯2合→1100kcal

飲み物
ピルクル2L→1350kcal
ファンタ1.5L→650kcal

計12450kcal


イカンのちゃ?


続きを読む

高カロリーは太る?結局どっち?カロリーとダイエットの関係性

ダイエットをする上で必ずチェックするのがカロリーですよね。「高カロリー食べ物太るから食べない!」と決めている人も多いのでは?でも実は高カロリー=太るというのは間違った考え方だったんです!

そもそも「カロリー」って??

large (2)
出典:weheartit

カロリーには“摂取カロリー“と“消費カロリー“がありそのどちらもが人間の身体を動かすのに必要不可欠なエネルギーです。よく「摂取カロリーを減らせば体重は簡単に落ちる」と考える人もいますが実はそうではありません。

摂取カロリーが減ると身体を動かすエネルギーが少なくなってしまうので、必然的に消費カロリーも減ってしまい体重が減りづらくなってしまうのです。

さらに消費カロリーより摂取カロリーが少ない状態で運動をすると、身体は足りないエネルギーを筋肉から補おうとするためスタイルが悪くなる原因にもなります。

「カロリーを減らせば体重も落ちる」は間違った考え

large
出典:weheartit

体重とは身体の重さを表したものです。例えば500kcalのケーキを食べた後と水1Lを飲んだ後に測った体重では水を飲んだ後の方が体重は重くなります。

つまりカロリーとは直接体重を増やすものではないのです。大事なのは消費し切れなかったカロリーは脂肪になってしまうという認識を忘れないことです。

上手にカロリーを消費するためには

shutterstock_181951742

摂取したカロリー分運動をすることが一番ですが食べ合わせでも上手にカロリーを消費することができます。カロリーの高い食べ物を摂る場合は必ず食物繊維も一緒に摂りましょう。

食物繊維は血糖値の上昇を抑えてカロリーが脂肪として蓄積するのを防いでくれます。食物繊維は野菜やフルーツに多く含まれます。
正しいダイエットというのは健康でメリハリのある身体を作ることです。そのためにはカロリーを減らすのでなくエネルギーとして上手に活用することが大切なのです。