痩せるドレッシングはフレンチドレッシングだと判明!和風やゴマをサラダにかけて痩せようとしてたデブ涙目www

1: 名無しダイエット 2018/11/08(木) 11:24:53.05 0
no title

やせたいならフレンチドレッシングを選べ

■「和風」や「ゴマ」よりフレンチドレッシングが低糖質
 ランチでのサラダバイキング。さて、あなたはいつも、何ドレッシングを選んでいるでしょうか。
和風ドレッシング、ゴマドレッシング、フレンチドレッシング……ダイエット中なら、この中で選ぶべきは、どのドレッシングでしょう? 

 実は、この中でもっとも糖質が低いのは、フレンチドレッシングです。
一般的なドレッシングの100g当たりの糖質量は、フレンチドレッシング5.9g、和風ドレッシング15.9g、ゴマドレッシング17.1g程度です。
ゴマドレッシングとフレンチドレッシングを比較すると、糖質量は実に3倍近い違いがあるのです。

 ダイエットをしている方と食事をすると、和風ドレッシングなどを選ばれる方が目立ちます。
なぜですかと聞くと、「フレンチドレッシングはこってりしていそうだから、サッパリ和風ドレッシングにしました」と答える方が多いのですが、残念ながらそれは不正解です。

 ヘルシーなイメージの強い野菜にも糖質が多く含まれているため、サラダ自体、食べるべきか検討してほしいところです。
しかし社会人は付き合いもありますし、サラダを食べなくてはならないシーンもあるでしょう。
また、私の推奨するダイエットでは「理想体重に至ったら、増減2キロ以内なら糖質を摂ってもいい」というルールもありますので、野菜が好きな人は野菜を食べてもかまいません。


■「カロリーハーフ」や「ノンオイル」の糖質量は多い
 たとえば、カロリーハーフマヨネーズ。ダイエット中でなくても、ヘルシーなイメージから購入している人もいると思います。
しかしこのカロリーハーフマヨネーズ、実は普通のマヨネーズより「糖質量は多い」ことをご存じですか。
普通のマヨネーズの100グラム中糖質量が0.4グラム程度なのに対し、カロリーハーフは約4倍となる1.5グラムの糖質が含まれています。

 たしかにカロリーは半分になっていますが、カロリーを半分にするために脂肪分を減らしており、
それによって減ってしまううまみを補うために、糖質を増やしているのです。わざわざ調べなければ、味で気づくことはほぼ不可能でしょう。

 マヨネーズに限らず、「カロリーハーフ」や「ノンオイル」と銘打った食品ではたいてい同じことがいえますので、
むしろ普通のほうが「糖質は」低いと思っていいでしょう。糖質制限をするならまず「食品中の糖質量を知ろう」というのは、こういうわけです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00026665-president-life


続きを読む

【体験談】デブだが焼肉屋で憤りを感じている!!!!!

no title

1: 名無しダイエット 2018/11/10(土) 12:21:49.300 ID:q3TwgkI60
A「デザートなにしようか」
B「それな」
俺(俺はもう少し食べたいしカルビ2人前食べてからデザートにしよっかな…)

~店員来る~
店員「注文は?」
A・B「アイスで」
俺「カルビ2人前」
A「お前まだ食うのかよ」
B「流石デブ!」

~カルビ来る~
A「アイスおせーな」カルビパクパク
B「それな」カルビパクパク
俺(あれ?なんでこいつらカルビ食べてんの?結局一人前も食えてないじゃん)

~アイス来る~
A・B「アイス来たー!」
俺「カルビ二人前で」
A・B「どんだけ食うんだよw」
俺「え?」

いつもこのパターンなんだが酷くないか?



続きを読む

【悩み】満腹感が続かないんだけどなんでなん??

no title

1: 名無しダイエット 2018/11/06(火) 11:00:21
とりあえず食事をしたら一瞬は満腹になるのですが、すぐまたお腹が空きます。
かと言ってお菓子等の間食には興味がなく、また何らかの食事がしたくなります。
腹持ちがいいと言うお米もしっかり食べてます。
どうすれば満腹感って持続するのでしょうか?


続きを読む

糖質が白米の1/16のライス「キャベツライス」が発売。キャベツの芯を米粒サイズにカットしてライスに見立てて食べる新感覚ライス


1: 名無しダイエット 2018/11/09(金) 21:52:47.38 ID:r8pgzekb0.net BE:738130642-2BP(1111)
糖質オフの決定版か? 米のように食べる“キャベツライス”が登場

キユーピー子会社のサラダクラブ(調布市、萩芳彰・社長)は、キャベツの芯を米感覚で食べる“キャベツライス”と、
カレーソースが付いたトレータイプの“キャベツライス de カレー”を発売した。糖質が気になる人に向けた、
米や麺などの主食を野菜に置き換える「野菜の主食化」提案の1つで、キャベツの芯を米感覚で食べる商品は国内初だ。
“キャベツライス”は、キャベツの芯を米のサイズにカットして販売する新感覚のパッケージサラダ。
加熱後も、ほのかな甘みとシャキシャキとした食感が残るため、チャーハンやオムライスといった主食メニューの米の置き換えとして使用できる。
同商品を同量のご飯の栄養成分と比較すると、糖質は約16分の1、カロリーは約8分の1ながら、
食物繊維は約9.5倍となっている(文部科学省「日本食品標準成分表 2015 年版」より)。
同時発売する“キャベツライス de カレー”は、“キャベツライス”に中辛のカレーソースを添付した、
電子レンジで温めて食べるトレータイプの商品。ソースをかけ、電子レンジで温めるだけで完成する。
健康を気にしている人や、手軽に小腹を満たしたい人におすすめだ。

https://www.wwdjapan.com/734925

no title

no title

no title

no title

no title


続きを読む